たいそんの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とても楽しい音楽の夜

 昨日 深夜の突然の大雨で
濡れてない所を 探すほうがよっぽどむつかしいほど
ぜんしんがびしょぬれになってしまった
靴はもちろん 下着まで
やけに寒く ずるると 鼻水を 垂らしながら
べくち と歯切れの悪い くさめが出たところで
夏の終わりを 実感する

ついこの間 送られてきた
急高騰した我が家の 電気代の請求書を見て
夏の訪れを 実感したばかりだというのに
まったく夏ときたら
過ぎ去るときは一瞬なのだから 困りものだ

28日から 友人たちと 石川県は金沢まで
1泊3日の 旅行に行ってきた
この夏 唯一といってもいいイベントで
柄にもなく うきうきの僕だったが
間髪いれず 帰宅後の 翌31日は ライブがあり
そこで どーしても 新しい歌を歌いたかったため
出発の前夜 隣室からの 壁殴打による
警告にもめげず せっせと 曲を2曲 仕上げた

結論から言えば 旅行はさいこうだった
ばちが当たるんじゃないかと思うほど
おいしいものを 次から次へと 食べ
お酒も たくさん 飲んだ
夜は くたびれて ぐっすりと眠る
だいまんぞくの 3日間

近江町市場で あれもこれもの勢いで
目についたものは ぜんぶ食べた
牡蠣 ほたて 雲丹 海老 のどぐろ
つぶ貝 鮎 うなぎ みんなニコニコしてた

21世紀美術館で その日たまたま
行われていた ハワイアンミュージックのイベントに
すっかり気をよくした僕は
前々から 欲しかった ウクレレを 購入
今 がんばって べんきょうしている
軽いもんだから 持つたびに おどろく

「勧進帳」で有名な安宅住吉神社で
お参りしたあと 眺めた日本海は
悲しくなるほど 穏やかだった
私は海をだきしめていたい

宿にいったん帰って 夕食を待つ
なんとなく読んだ『ナニワ金融道』が
おもしろすぎて 帰阪したら
ぜんぶ 読むことを 決意

夕食は 仲居さんに教えてもらった
評判の 焼肉屋さんへ
美味しい お肉を 頂いて
おなかはぱんぱん

夜は夜で トランプ大会
旅行は こういうのが 楽しい
カードゲームは 弱いんだけど
ツキにツイたり 1等賞
理想の寝場所を 獲得する

あんまり 楽しいと あとが怖い
なにか おそろしいことがおきるんじゃないかと
不安になって 仕方ない

30日の夜に 帰阪し 荷物の整理もしないまま
明日 歌う新曲の歌詞を そらんじて 眠った

Fireloopでライブ
開演前 受付のマホさんが大量のレコードを
持ってきてくれたので
これぜんぶ 盗んで このまま帰ったろか
と 悩んだが ちゃんとお金を払って
4枚だけ 購った

この日は Fireloop14周年前夜祭で
フードが充実しまくっていたので
本番が終わってから ひとつずつ食べた
どれも 本当にうまかった
もういっぺん 食べたいので
その機会を こしたんたんと 狙おう

セットリスト

1. いっそふたりで死んでみないか
2. 芸術に乾杯!(新曲)
3. とても楽しいサーカスの夜(新曲)
4. 享年十六歳
5. 王様の真実(新曲)

一度のライブで 新曲を3つも歌うのは
久しぶりのことだったので
その緊張感は 気絶するレベルだったけど
すごく きもちよかった
新曲の中では 「とても楽しいサーカスの夜」が
特に気に入っている
中也の「サーカス」が 綺麗にハマッて
家では そこばかり 歌ってる

「芸術に乾杯!」は 歌詞を完成させた後に
確認のため 読み直していると
歌の意味がわかって 興奮した
ちなみに 前回のブログで乗せた
コードが この 歌のコード

「王様の真実」が 思ったより評判よくて
うれしい でも良い歌だもんな
新しい歌が できると ほっとする

本番が終わってから
6人で 打ち上げにいく
”自宅”と”ひとり”好きなので
この日も 終電で帰ろうとしたが
逃してしまい 何食わぬ顔で ハコに戻って
どさくさに まぎれて 店までついていった

大阪も金沢も 美味しいものがたくさん
日本は 良い国だ
出てくる料理 出てくる料理に 舌鼓を
打ち鳴らした
牛タンの 焼いたのを 食べた
にたないさんが 言った
「牛とべろちゅーだね」が
今も 耳から 離れない
なかじまくんが えらく酔って
居合わせるもの つぎつぎに キッス
僕は はっきり数えていたが
ホシヲさん相手にだけでも 26回のキッスを贈っていた
舌 いれんかな
と じっと 見ていたが 残念ながら舌はいれなかった
そのへん どうも 堅い男らしい
雨がすこし ぱらつく中 かいさん
なかじまくんを 乗せるタクシーが
次々 乗車拒否されてて 笑った
ギターを裸のまま背負った 千鳥足の男を
乗せる気概を持った 運転手は
日本に 何人いるだろうか

歩いて ホシヲさん家に
はじめて 行ったけど イメージどおりで
ひとり 満足していた
ソファを 陣取って パンクのDVDを観る
みんなすぐ寝た 僕も すぐ寝たようだ

朝 おきる みんな まだ寝てたけど
にたないさんは もういなかった
へにょへにょ歩いて 帰る

味の濃い4日間だった
景色にも人にも また会いたい

またね からだをだいじにね





スポンサーサイト
  1. 2015/09/03(木) 02:40:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。