たいそんの日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バージンサミット

9月12日、はじめての企画ライブ『バージンサミット』が
心斎橋AtlantiQsで行われました。

まずはご来場いただきましたバージンの皆様に心からの感謝を。
ほんっとーーーーーに!ありがとうございます。

お忙しい中、時間を作ってわざわざ来てもらって
本当に本当にうれしかったです。
もう一回言います。
本当に、本当に、うれしかったです。

処女割引を適用してくれた方も結構いらっしゃったようです。
(誰が使ったのかは僕もスタッフも本当に知らないよ!)
少なくとも昨日、関西のライブハウスで
最も処女が多かったのはアトランティクスでしょう。
ひとえに皆様のおかげです。

そして共演者、スタッフの皆様。
ほんとうにありがとうございました。
ほんとに。
至らない点も多かったと思いますが
温かく迎えてくれて。
「イベントを盛り上げてやるぜ!」という
情熱がひしひしと伝わってまいりました。
唯華、ナガタヨシキ、畑崎洋平、サク・ディラン。
みんなありがとう。
出演の依頼をした時、皆さん二つ返事、いや、なんなら全部こっちが言い切る前に
「まかせとけ」と言ってくださる方ばかりでした。
みんなが力を貸してくれたから『バージンサミット』は成り立ちました。

夜中3時ごろに家に帰って来てひとまず寝たのですが
朝になってようやく実感が湧いてきた気がします。
「ああ、ほんとにCD出たんかー」というのと
「終わっちゃったのかー」というのと。
家にいてもなにをしていいのかわかりません。
そりゃそうだ、思えばこの3ヶ月レコ発のことが生活の中心だったんだから。
テレビつけてみても漫画開いてみても落ち着かないの。
「こんなことしてる場合じゃねー!」ってなって
「あ、違う違うもうレコ発終わったんだった」って実感してんの。
ややこいね。

こういうことはキャラじゃないかもしれないですが
ぶっちゃけ超こわかったです。
当日の朝になっていよいよ不安が頂点になり
「今逃げたらどうなるかなー…あはは…」とか思ったな!
だって怖いぜー!? なはは。


「VIRJIN16」どうかなぁ?
すごく良いCDだとおもうんだ。
末長く聴いてもらえたら
僕もVIRJIN16も とってもハッピーだよ。
買ってくれてありがとう。
すごく喜んでる。
良い歌でしょ。
ぼくがつくったんだよ。
ぼくがいっしょうけんめい作った うた なんだよ。


まだ興奮が冷めてないけどな。
LIVEは終わってもLIFEは続いていくんだもん。
走れるときに走るんだ。だれよりもかっとばしていくんだ。
だから柴田は次の作品の制作にすでに着手してるぜ。

近いうちお知らせできると思う。
また待ってて。

結局文章まとまらなかった気がするけど 笑

サンキューバージン!!!!


9月12日 心斎橋AtlantiQs
『バージンサミット』
柴田太尊 SETLIST

SE Amazing Grace

01. 幽霊
02. マリちゃんは風俗嬢
03. 享年十六歳
04. 新曲
05. 月のスペルマ
en. 道草






またね、からだをだいじにね。
だいたいそんなかんじ。
たいそんでした。

スポンサーサイト
  1. 2013/09/13(金) 10:58:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

幽門

朝ですね、今日は雨が降るとか。
お出かけの人は気をつけてくださいね。
打ち合わせだとかでなにかっちゃあ
外に出ることが多いここ最近。
ずいぶん肌寒くなったものだ。
いや、いいんだ。秋とか冬はむしろ元気でるからね。
だってみんなさみしそうな顔してるじゃん。
夏はねぇ、夏は楽しそうなんだよな、みんな。
海だ山だイベントがいっぱいあるから
みんないきいきと楽しそうで
それ見てると落ち込みがちなんだよなー。
寒くなるとみんなが暗い顔しだすから
僕も堂々と暗い顔できるね。
あれ、でもそれってつまり僕は一年中暗い顔してるってことか?

いや、でもほんと、いっぺん僕と直接話した方がいいですよ。
ぜったい、なんか、こんなブログとかで
文句ばっかり言ってる面倒くさそうな感じじゃないですからね。
超好青年風ですよ。ほんとまじで。
だからさぁ、いっかい君んとこの親に僕を紹介してみればいいんだ。
「このひとが今お付き合いしてる柴田さんです」ってな。
君のお母さんは最初、僕のルックスにちょっとは引くだろうけど
ひとたび口を開けばそのあまりの好青年っぷりに
お母さん、いやお義母さんは僕を気に入ることだろう。
「うめー!この浅漬け、お母さんが漬けたんですか!?」とか言う。
間違いなく。

 さて、昨日は友人と京橋にあるうまいラーメン屋に行った。
僕はラーメンとかそんな好きでも無いんだけれど
あすこのラーメンは足繁く通っているよ。
ある店員さんはいつ見ても怒られてるから
ぼくらは「ぽんこつさん」と呼んでいる。
「豚骨」じゃなくて「軟骨」の発音で。
最近はそれが縮んで「ぽんさん」。
ぽんさんは、実際仕事も遅いし愛想もある方じゃないんだけど
やる気があるのかわからないだらしな~い笑顔がなんか好きで
僕はぽんさんがいるとすこしうれしい。

そこね、すごい味が濃いんだ、こってりしてて。
食うたび「もう一生いらねぇ!」ってなるんだけど
不思議と翌日、翌々日には
「たべたいなー」なんて思う。食いしん坊はいやーねぇ。
夜遅くまでやってるから
仕事終わりの女の人なんかもちょいちょい来るんだ。
カップルなんかもよく見るよ。
僕に言わせればてめぇらのようなこんこんちきは
間接照明で完全個室タイプのシャレオツな居酒屋で
愛を囁きあった後はしょうもないラブホテルにしけこんで
怒張したちんぽをぐちょぐちょのまんこのなかに
ぶち込んで、あんあん言ってろ糞がなんて思うんだけれど
や、でもここのラーメンうまいもんな、
恋人にも食べさせてやりたくなるよなぁ、なんて思うと
まあしょうがないかなって。
「おいしーね!」なんて言いながらはふはふやってる女の子に
「せやろー!?」って、なんでかちょっと得意げな男の子を見たら
なんにも言えなくなっちゃうわ。

 こないだ夏も終わりだねって事で花火をした。
手持ち花火をわいわいやって、きれいだねたのしいねって言って
いちばん最後に線香花火しようかって
みんなでちょっとしっとりと線香花火してたんだね。
「夏、終わるね」「さみしいね」とか言って
なんか良い感じに切なげな雰囲気だったんだけど
夕方の雨で地面が湿ってて線香花火が水蒸気爆発を起こして
「ああっっっっわあああああ!!!!」
ってパニックになっちゃってもうわけわからんちんだったよ。

あとひとりが「うんこしたい」って言い出して
でも夜でちょっと怖いからついてきてって言われて
いいよーつってふたりでトイレ行ったら
男用にも女用にも紙が無い!
えーどうする葉っぱで拭く?なんて冗談言ってたけど
だんだんその子、本当にヤバい感じになってきて
おれ、コンビニで借りるから先戻ってていいよって。
ふだんむっちゃクールな奴なんだよそいつ、優しくて頭よくて
ほんと大好きなんだけど
その彼が今うんこの事しか頭に無いんだ、と思うと
なんか可笑しくって笑ってしまった。
トイレから戻ってきた彼はクールで優しいいつもの彼だったけどね。

ここまで書いた文章をほったらかしにしたのがたしかおととい。
読み返してみるとなんとも頭の悪そうな文章で鳥肌実。
これこのまま載せるのか?などと思いつつ
この恥ずかしさと対峙するべく、再び机に向かいコンピュータをかたかた。
うまいこと挽回できればいいのだけれど。

昨日はすこぶる体調が悪く、いそいそと寝る体勢に入った。
金縛りにもあった。
夢は3本立てで、うち1本は忘れてしまったけれど
ひとつは女の子が出てきた。
その女の子はおかしな体質で
抱きしめられないと気が狂う、とか言うので
じゃあ抱きしめるねって言って抱きしめようとするんだけど
人間の抱きしめ方が分からなくて
どこに手を置けばいいんだろう、とか
汗臭くないかな、とか
そういう事でどぎまぎして、結局その子は気が狂ってしまっていた。

もうひとつは明け方に見た夢で
3匹のハムスターが捨てられていて
可哀想に思った僕はジャケットのポケットに入れて連れて帰ろうとしたんだけど
ポケットの中でハムスターは暴れて
誤って落としてしまい、自転車の車輪に巻き込まれてぺしゃんこになって死んでしまった。
内臓が飛び出たジャンガリアンハムスターを見て
気持ちが悪くなってしまった僕は
ポケットの中でまだ生きてる2匹のハムスターまでも
怖くなってしまって
ジャケットを脱いで逃げるようにその場を去った。

目覚めるとハムスターを踏み殺した時の感触や
そのぐちゃぐちゃの死骸を見て恐れた時の気持ちや
まだ生きていたハムスターのかわいらしい瞳が
いっせいにフラッシュバックして
情けなく、外は雨でことさら不甲斐無く
嫌な気分だった。
楽しい夢なんてもう随分ながいこと見ていない。
かわいい女の子とよろしくやる夢だとか
空を自由に飛ぶ夢だとか
美味しいものをおなかいおっぱい食べる夢だとか
そういうのが見たいんだけど。

忘れていたもう1本の夢を今思い出した。
詩を書いている夢だった。
「ジブン」という文字があった事だけ覚えている。
それがなんなのかわからない。
「ジブン」の意味が、わからないなんて
とんちがきいてるなぁなんて思いつつ
今からコーヒーでも飲もうか、とか
音楽でも聴こうか、とか
いっそ何か食べようか、とか
欲望を出そう出そうとしているのだけど
どうもどれも食指が伸びずブログなんて書いている。
つまんない文章だな。
ごめんなさい。

とりとめのないもの、かけがいのないもの
いきているいきもの、しんでいくくだもの
わすれていくまもの、おもいだすけだもの
こわしたたからもの、それをねらうえもの
わからないんだもの、わかってるんだもの

いきまらだ、いだだえご
といわこわ、かしおそわ
いいだねて、とてれしら
のるいたい、けんもれか

だれよりもげんきだと かみさまに言っておいて


またね、からだをだいじにね
だいたいそんなかんじ、たいそんでした。









  1. 2013/09/07(土) 11:30:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。